HOME > 製品情報 > ネットワーク >  NETSCOUT AirMagnet WiFi Analyzer

ネットワーク | 無線LANツール

NETSCOUT

NETSCOUT AirMagnet WiFi Analyzer

802.11a/b/g/n 対応、ノートブック型無線LAN診断ツール

概要
802.11nネットワーク環境の設計・構築・解析のための様々な機能を実装!!

「AirMagnet Laptop Analyzer」は、ワイヤレスネットワークの測定、診断を行うための最適なツールです。
ワイヤレスLANを構築する為の必要な情報を様々な角度から収集します。
例えば、AP・クライアント間の接続性から、セキュリティ構成の確認といったように、無線LANに関わる幅広い情報を測定、解析します。
また、パケットレベルでのデータ収集により802.11での接続フェーズなどの送受信状況を把握することができます。
本製品は、運用稼働中の無線LAN環境をモニタリングするためのベストツールです。また、Draft IEEE802.11nのモニタリング・解析に対応しています。※別途Draft IEEE802.11n対応無線LANカードが必要です。

 

■ 関連記事

無線LANの電波の伝搬を測れ
無線LANの干渉を測れ【前編】
無線LANの干渉を測れ【後編】
無線LANの実パフォーマンスを測定せよ【前編】
無線LANの実パフォーマンスを測定せよ【中編】
無線LANの実パフォーマンスを測定せよ【後編】

 


表示内容

○802.11n効率ツール【新機能】
APとSTA間通信を分析することによって802.11n技術の利点をフルに活用するための オプションが使用されているか、アップリンクとダウンリンクそれぞれのパフォー マンスがどれくらい期待されるのかなどを分析します。


○802.11n解析ツール【新機能】
任意の(選択した)APとSTAのペア間での、またはAP単独の以下の802.11nネットワ ークデータを確認できます。


○スループット シミュレーション【新機能】
指定した条件下で無線LANスループットをシミュレートできます。APとSTAを選択ま たは追加し、パラメータを設定した後、[シミュレート]をクリックするだけシミ ュレーションを実行します。各無線LAN規格の混在時などで予想されるスループット を容易に確認することができます。


○802.11n固有の情報表示【新機能】
802.11nデバイスで使用される802.11n固有の情報要素 (HT機能、HT情報など) を表 示およびデコードすることができます。


○802.11a/b/g/nデータの識別
11a/b/gと同様に、11nに設定された無線LANデバイスを認識し表示します。左側の緑 色のバーが、複数のチャンネルにかかって表示しています。これは、802.11n無線LA Nデバイスにより発生したネットワーク上の40MHzチャンネルデータトラフィックを 表します。


○干渉解析
各チャンネルの干渉状況を数値で表示します。同一チャンネルに設定された複数の AP、隣接チャンネルに設定されているAPからの影響度を表示します。無線LANとし て問題を引き起こす可能性のあるチャンネルを判断できます。

 

○AirMagnet Spectrum Analyzer との連動
AirMagnet Spectrum Analyzer (別売)カードも同時に挿入(ソフトウェアのインス トールが必要)して測定することにより、2.4/5GHz帯のスペクトラム解析と無線LAN パケットの解析を同時に行います。 無線LANに影響を与える無線LAN以外のデバイス 源を検出することができます。


○無線LANの全体像を把握
開始画面表示により、802.11a/b/g混在の無線LAN環境の概要を1ページで表示しま す。アクセスポイント、無線クライアント、アドホック端末それぞれの詳細情報 を表示します。利用しているチャンネル、セキュリティ&パフォーマンス状況な ど無線LANの全体像が把握できます。


○レポーティング機能
様々なレポートを容易に作成することができます。


○チャンネル詳細表示
指定したチャンネルでの詳細表示を行います。転送レート、使用率、信号強度、 ノイズ、このチャンネル内でのアクセスポイント、無線ステーション数など


○インフラストラクチャ表示
各アセスポイントとクライアントの接続状況をツリー状に表示します。これによ りクライアントが集中しているAP、ローミングを頻繁に繰り返すクライアントを判 断できます。


○セキュリティ・パフォーマンスアラーム検出機能
セキュリティ, パフォーマンスについて閾値に基づいてアラーム表示を行います。 無線LANで必ず問題になる各項目が100種類以上用意されています。


○パケットデコード
パケットレベルでのデータキャプチャを行います。802.1xの認証手順TLS,TTLS,PE AP等のチェックに最適です。


○ツール
様々なツールが用意されています。サーベィ, パフォーマンス, 接続性チェック, DHCP, デバイス検出, Ping, ジッタ, 信号分布, 受信範囲 など

 

画面例などのサンプルは、メーカーサイトでご覧いただけます。

 

(C)(株) 協栄エレクトロニクス 2010


 


ネットワークへ戻る